院長BLOG(旧)

2012年11月25日 日曜日

アトピー性皮膚炎と発汗 | 名古屋で泌尿器科なら成田クリニック

寒い冬を迎えようとしています。空気が乾燥すると、皮膚も乾燥し、アトピー性皮膚炎や皮脂欠乏症など症状が悪化します。保湿剤などによるスキンケアが必要となってきます。

昨日、「アトピー性皮膚炎治療アップデート」の講演会がありましたので、その要約をお伝えします。
アトピー性皮膚炎に対し、汗は従来から、悪化要因とされておりますが、実は、発汗により、皮膚の角質内の水分が増加し、適当量の汗はアトピー性皮膚炎の症状を改善するという講演でした。
思春期以降の再発型アトピー性皮膚炎の方は皮膚症状が全身のことが多く、このような症例では、発汗までに時間がかかり、発汗量も少ないようです。発汗機能が低下し、アトピー性皮膚炎の悪化要因となっているようです。
以上から、発汗を促し、角質内の水分量を増やす必要があるのです。しかし、保水能力が低下しているため、保湿剤がより必要となります。ただし、汗をかき過ぎた場合は濡れたタオルで拭くようにとのことでした。
次に、皮膚には至適温度があり、36-40度(成人)だそうです。入浴温度は40度が皮膚機能を回復させるようです。

適度の発汗、温度が必要ですが、睡眠、ストレス、疲労などが痒みを悪化させますので、日常生活から気を配り、痒みを軽減させるよう心がけてください。このうえで、アトピー性皮膚炎の治療が必要です。当院でも、薬物療法を行っております。治療の基本は外用療法です。ステロイド外用剤、プロトピック軟膏、保湿剤などが中心です。もう一つ、内服療法も場合により、併用します。痒みが強く、ストレスが貯まり、不眠となった時などに使用します。

アトピー性皮膚炎には適度の発汗が必要であることが分かった講演会でした。

2012年11月25日      名古屋市昭和区 泌尿器科成田クリニック 

投稿者 成田クリニック | 記事URL

2012年11月21日 水曜日

キクイタダキ、マヒワ | 名古屋で泌尿器科なら成田クリニック

紅葉も見ごろとなった鶴舞公園には、写真を撮っている人が増えています。今日は風もなく、温かい日和で、散歩している人や、子供連れが多かった。

1週間前から、キクイタダキが観察され、頭頂部に菊色(黄色)に冠のような斑があり、黄色の中に赤色がなく、雌か、雄の若か。目の周囲は白色で目が大きく見え、可愛らしい。日本で最小の鳥で、また、動きが早く、確認は難しく、写真に収めるのは、さらに困難のようで写真家は必至の様子。
さらに、鶴舞公園では久しぶりに、マヒワの姿が数日前から、見られる。前にも書きましたが、例年見られない鳥が観察され、公園に行くのが楽しみです。

世界的にも、社会情勢が不安定で、我々も精神的に落ち着きません。時々、近くの公園などに出かけ、気分転換を図ってください。
朝晩はかなり寒くなってきました。防寒対策をしっかりとり、体調管理に配慮してください。

2012年11月21日           名古屋市昭和区  泌尿器科 成田クリニック                               

投稿者 成田クリニック | 記事URL

2012年11月18日 日曜日

第23回名古屋臨床泌尿器科懇話会| 名古屋で泌尿器科なら成田クリニック

昨日、大雨の中、名古屋臨床泌尿器科懇話会が開かれました。天候の悪い中、30名の名古屋及び、周辺地区の泌尿器科の先生が集まってくれました。特別講演は、札幌医科大学医学部泌尿器科准教授の舛森直哉先生による「前立腺肥大症治療のこれまでとこれから」でした。悪天候のため講演が20分ほどの遅れで、始まった。舛森先生には遠方の札幌からご足労頂き、感謝申し上げます。

以下、講演内容を要約します。

前立腺肥大症は前立腺が何らかの原因で肥大することにより、下部尿路閉塞症状が現れる疾患である。この前立腺の肥大がいつから始まるか、個人差があるが、はっきり分かっておりません。肥大はある時期から急激に増大するようです。しかし、前立腺が肥大せず、徐々に縮小傾向の場合もあるようです。前立腺が30ml以上の方ほど、下部尿路症状が強く、治療が必要となります。治療は多くの方が服用されているα1遮断薬(ハルナール、フリバス、ユリーフ、エブランチルなど)が第一選択薬です。服用開始1カ月程度で、症状は改善しますが、数年経過すると、前立腺肥大の大きい方ほど、残尿の増大、症状の悪化が見られ、別の治療法が必要となります。α1遮断薬の副作用の一つに、射精障害があり、注意が必要です。最近、前立腺を縮小させ、性機能の副作用の少ない薬剤(アボルブ)が発売され、30%の前立腺縮小がみられ、長期の症状改善効果が期待されております。その他、前立腺肥大症には過活動膀胱の合併が多く、抗コリン剤や最近発売されたβ3刺激剤(ベタニス)とα1遮断薬との併用がなされております。いろいろな治療法にもかかわらず、症状の改善なく、残尿の増加が見られた場合は、手術療法が必要となります。

60歳以上で尿が出にくい、夜間の尿が近い、残尿感がある、尿の我慢が出来ない、などの症状が出ましたら、泌尿器科の受診をお勧めします。当院では、前立腺の大きさを超音波検査で正確に測定し、治療しております。毎月、350名の前立腺肥大症の方が通院されております。

  2012年11月18日     名古屋市 泌尿器科成田クリニック

投稿者 成田クリニック | 記事URL

2012年11月15日 木曜日

鶴舞公園にツグミの群れ 名古屋市昭和区 泌尿器科成田クリニック

この時期、初めての冬型の天気となり、強い寒気のため、寒く冷たい風が吹きました。久しぶりの手袋をして、名古屋市内の鶴舞公園に出かけた。上空を見ると、数羽のツグミが鳴きながら、飛んでいた。公園内、あちらこちらから、ツグミの声が聞こえ、飛んでいて、冬が来たのを実感した。今朝10時頃、雨の中、100羽ほどのツグミが飛んで来て、例年見られない情景だったそうです。昨年は東日本大震災の影響か、公園内の野鳥が非常に少なかったのです(全国的に野鳥が少なかったようです)が、今年は野鳥の当たり年と言っていいほど、各種多くの野鳥見られます。まだ、夏鳥のキビタキ雄が水浴びをしているのが見られ、一方、冬鳥のキクイタダキが見られたそうで、これからも野鳥観察が楽しみです。
本格的な冬を迎え、インフルエンザの流行のシーズンが近づいています。今月9日に厚生労働省のホームページ内にインフルエンザ総合対策のサイトが開設されました。参考にして、体調を整え、これからの寒い冬に備えてください。この前のブログにも書きましたが、泌尿器科の病気も増えてきます。頻尿、尿意切迫感や切迫性尿失禁を伴う過活動膀胱、前立腺肥大症なども多くなります。お近くの泌尿器科の受診をお勧めします。
  2012年11月15日    名古屋市昭和区泌尿器科 成田クリニック                

投稿者 成田クリニック | 記事URL

2012年11月12日 月曜日

秋深まる 名古屋市泌尿器科 成田クリニック

立冬が過ぎ、数日経ちますが、名古屋市内の風景が晩秋を迎えております。木々の葉の色が変わり、紅葉が進んでいます。寒い冬が待ち構えており、泌尿器科の病気も増えてきます。まず、頻尿です。寒冷刺激で、膀胱が過敏となり、尿意が頻回で、尿が近くなる状態です。さらに、尿意が急に出現し、トイレまで我慢しづらい状態を言います。これを尿意切迫感といい、我慢できなく漏らしてしまうことを切迫性尿失禁といいます。寒さが厳しくなりますと、これら症状が出てきます。迷わず、泌尿器科の受診をお勧めいたします。このような、頻尿、尿意切迫感、切迫性尿失禁は男女を問わず、増えてきます。男性では、前立腺肥大症に合併することが多く見られます。女性は年齢とともに、増える傾向があります。泌尿器科で治療されますと、かなり、症状が改善され、楽になります。
話は変わりますが、名古屋市内の鶴舞公園では、秋も深まり、紅葉も進みつつあります。紅葉の写真を採る人々が増え、後1-2週間でさらに、ピークを迎えると思います。
風邪などひかないよう、体調管理には十分気を付けてください。
     2012年11月12日                泌尿器科  成田クリニック

投稿者 成田クリニック | 記事URL

成田クリニック TEL 052-731-6003 診療時間9:00~12:00/16:30~19:00 休診時間 火曜日・木曜日・土曜日午後、日曜日 愛知県名古屋市昭和区吹上町2-15

新着情報

一覧を見る

2016/06/01

代診のお知らせ
7月7日(木)から9日(土)まで学会出席のため代診とさせていただきます。
ご迷惑をおかけしますが、宜しくご協力のほどお願い申し上げます。

モバイルサイト
はこちら
アクセス


大きな地図で見る

〒466-0002
愛知県名古屋市昭和区吹上町2-15

詳しくはこちら